なにする気分?

「ゲームしたい」「美味しいもの食べたい」「どっか行きたい」「ダラダラしたい」さて、なにしよう。

【草津温泉旅行#1】熱乃湯で草津名物「湯もみ」体験!「湯もみと踊りショー」も迫力満点です【動画あり】



スポンサーリンク

f:id:kyoko1003:20171015162125j:plain

お久しぶりです。きょうこです。
実は先週末の土日を利用して草津温泉に行ってきました!
初めての草津温泉。最近ちょっと仕事で疲れ気味だったのですが、草津の温泉パワーでだいぶリフレッシュ。とても素敵な旅になったので、今回心に残った場所をこちらのブログでも何回かに分けてご紹介したいと思います(^^)

スポンサーリンク

 

まずご紹介するのは、草津を代表する観光スポット 熱乃湯(ねつのゆ)

f:id:kyoko1003:20171015162112j:plain

熱乃湯外観

湯畑のすぐ隣に位置しており、今回の草津旅行では何度熱乃湯の前を通ったことか…。それだけ草津の中心に位置するシンボル的な建物です。

こちらでは毎日「湯もみと踊り」ショーを開催。さらに土日の週末には「湯もみ体験」も実施されています。せっかくなので今回両方体験しちゃいました(^^)

そもそも湯もみって何?

草津温泉、熱乃湯公式サイトでは下記のように案内されています。

草津温泉の源泉は熱く、50℃近いものがほとんどで、そのまま入浴することはとてもできません。しかし温度を下げるために水を入れたのでは、温泉の効能が薄れてしまいます。そこで、熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴できるまでの一定の温度に下げる「湯もみ」が考え出されました。また、「湯もみ」をすることにより、温度を下げるだけでなく、湯を柔らかくする効果や入浴前の準備運動にもなります。 

ふむふむ。温泉の効能を大事にするために考えられた方法なのですね。
それだけ温泉の質を大事にしてきたからこそ、今の草津温泉ブランドがあるのかもしれません。

ぐんまちゃんによる湯もみ体験動画もYouTubeにあがってたのでご紹介しておきますね(^^)

www.youtube.com

湯もみ体験

毎週 土・日・祝日、午前11時30分~午後2時に開催されており、体験料金250円を支払うと随時案内してもらえます。私も特に待ち時間なしで入ることができました◎

一人一つずつ六尺板の前に並び、湯もみ娘さんご指導のもと、とにかくお湯をもみまくるこちらの企画。スマホを渡すと適宜動画&写真撮影をしてくださるありがたいサービスもあります。

そしてこの湯もみ、一見するとただ単純に板を左右に返しているだけに思えるのですが、これがなかなか大変!お湯が重く、5、6回繰り返すとすぐに疲労感がやってきます。
それでも1分くらい一生懸命湯もみ娘さんの手拍子に合わせてお湯を返し続けると、最後の方にはなんとなく慣れて様になった…ような…。
体験時間自体は短めですが、終わる頃には体はポカポカ。終始笑顔で湯もみを味わうことができました。

スポンサーリンク

 

湯もみと踊りショー

こちらは午前と午後、一日6回上演されています。
今回は午後の最初、15時半の回を狙って30分前くらいに熱乃湯さんへ行ったのですが、30分前でこの長蛇の列!

※ツイートタップで動画再生


こんなに人気があるとは…!

結局15時半の回は諦めて16時の回に参加することにしました。
でもそのおかげで16時の回では1Fの正面最前列で観覧できたので結果オーライかな??

こちらの湯もみと踊りショーでは、「草津節」「草津湯もみ唄」という2つの民謡にあわせた湯もみが行われます。
ベテランの湯もみ娘の皆さんによるショーは想像以上に迫力満点!
さらにショーの中では2回ほど、お客さんによる無料湯もみ体験コーナーもあります。私は事前に湯もみ体験をしていたのでこちらはパス。小さなお子さんたちも多数チャレンジしており、一生懸命板を返す姿に気づけば会場中がほっこり良い雰囲気に(笑)

f:id:kyoko1003:20171015162117j:plain 

※ツイートタップで動画再生

 

こちらの熱乃湯さん、夜には寄席なども開催されています。
草津に行ったらまず足を運んでみてくださいね(^^)

 

草津温泉ポータルサイト

 

スポンサーリンク
©なにする気分.com All rights reserved.