なにする気分?

「ゲームしたい」「美味しいもの食べたい」「どっか行きたい」「ダラダラしたい」さて、なにしよう。

ドラマ「おっさんずラブ」一気観感想!面白かったけど部長がちょっと怖かった…。

f:id:kyoko1003:20181014201140j:plain

こんにちは。きょうこです。
今更ながら、この春話題になっていた土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」をAmazonPrimeで一気観してみました。

春ドラマの中でも特に視聴者満足度が高いと色んなニュースで目にしていたのですが、如何せん1話を見逃してしまったこともあり、見るタイミングを失っていたのですよね。
こういうとき、AmazonPrimeって便利だなぁ。

 

おっさんずラブとは(公式サイトからあらすじ抜粋)

女好きだけど、まったくモテない33歳のおっさん・春田創一(田中圭)。 だが、しか~し! 彼はある日突然、“未曽有のモテ期”を迎えることに!! それは文字通り“未曽有”の事態。 なぜなら、愛を告白してきた相手は… ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)だったからだ――!

 

何もかもが想定外すぎる、恋の季節の到来―― ぐいぐい迫ってくる男たちに驚愕し、全力で拒む主人公・春田。 しかし、彼の頭の中からはいつしか “ピュアな男たちの存在”が離れなくなっていくことに…! “常識”で考えたら、あり得ない。 でも、その“常識”ってそもそも何? “人を好きになる”って…何!? 多くの人が普通だと思っている価値観を改めて問うラブストーリー『おっさんずラブ』。 笑って泣いて、ときめいて…! 気がついたら、男とか女とか…そんなちっぽけな既成概念を飛び越えて応援したくなる “真剣トキメキ・ラブコメディー”がついに開幕!! この春、おっさんたちのピュアな恋心の桜吹雪が、皆さんの心をほんのりピンクに染め上げます――。

 

 

 

個人的な感想

出てくる全てのキャラが立っていてとにかく面白い!

その個性豊かな面々が主人公の春田創一を中心に繰り広げる恋愛模様は、男も女も入り乱れてもうぐちゃぐちゃ!それでいて全員ピュアという、甘酸っぱくて、つい皆を応援したくなって、もうこの先どうなるか分からない怒涛の展開から、気づけば目を離せなくなってしまいます。

 

ただ、個人的に吉田鋼太郎さん演じる職場の上司、黒澤武蔵はちょっと怖かったです。。

主人公、春田への想いは痛いほどよく伝わってくるのですが、上司と部下という断りづらい関係性でMTGと称するデートに誘ったり、全くそのつもりはないのに「妻とはちゃんとするから待っていてほしい」と言ってきたり、そのために奥さんとの修羅場に巻き込んだり、いつの間にか春田の家に住み着いて同棲してたり、公衆の面前という断りづらい場でプロポーズしたり…。

 

普通に考えて怖すぎじゃありません??

 

ただ、本作での黒澤武蔵の位置付けは“ヒロイン”らしいので、そう考えると少女漫画でも実は同じくらい強引なシーンはあるのかも…?
でもやっぱり相手の気持ちはもうちょっと汲み取って欲しいところです。

 

まぁこのあたりはコメディとして割り切るのが正しいのかもしれないですが、部長が出てくる度に、どうしても素直に笑えない私がいたのでした。

(そこまで思わせる吉田鋼太郎さんの演技力は流石です…!)

 

ただ総合的にはとても満足のいく作品!
それぞれのカップルたちにはぜひ幸せになってほしいなぁ。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

スポンサーリンク
©なにする気分? All rights reserved.