なにする気分?

「ゲームしたい」「美味しいもの食べたい」「どっか行きたい」「ダラダラしたい」さて、なにしよう。

【The Place of Tokyo】ブライダルフェアに行ったら夫婦ともにビビッときて当日成約した話

f:id:kyoko1003:20181014224213j:plain

こんにちは。きょうこです。 

これまで全く触れてこなかったのですが、実はこのブログを一緒に運営しているトキくんと今年4月に入籍したばかりの新婚さんだったりします。

ただ入籍したは良いものの、個人的に人前でプラベートなことを語ったり披露したりするのが苦手だったり、転職活動で慌ただしかったり、前職で携わっていた大きめのプロジェクトが山場を迎えてこれまたバタバタしていたりと、挙式についてはスッカリ後回しになっていました。

その間も両親に「結局式はどうするの?」と突っ込まれつつ、のらりくらりとはぐらかしつつ過ごしていたのですが…。10月に入ってようやく色々落ち着いてきたので、改めてきちんと挙式について考えることにしました。

 

 

 

 

どのような式にするか

前述の通り、多くの人の前で挙式をしたり披露宴をしたりするのが苦手なこと、またお互いの実家が遠く、あまり両家が顔を合わせる機会もないということから、家族間の親睦を深めることに重きを置いた少人数での挙式・食事会にすることにしました。

(人前でプレゼンするのは逆にやる気が湧く質なのですが、自分がプレゼンされる側に立つのは苦手なのですよね…)

 

また、私の実家がキリスト教(プロテスタント)のため、キリスト教式で行うことに。
時期は入籍してからちょうど1年後となる来春3〜4月頃にすることにしました。

 

参加したブライダルフェア

私達が参加したのは「The Place of Tokyo」で開催されていた下記のブライダルフェア。

 

事前に各自で気になる結婚式場の候補をあげていたのですが、そこで2人とも「◯」を付けていたのがこちらの式場だったのです。

さらにこちらのブライダルフェアには模擬挙式や相談会・試食会・会場見学など色々含まれていたので、初めて参加するのにちょうど良さそうだなと思ったのも選んだ理由の1つです。

 

実際参加してみると、担当してくださったコンシェルジュ(女性)の方が非常に親しみやすく丁寧に解説してくださったり、挙式をあげる2人のことを想うこだわりが随所に散りばめられていたり、出精お値引きも頑張ってくださったりと、気づけば2人ともハートを射抜かれてしまっていました(笑)

 

The Place of Tokyoに決めた理由

それでは具体的にThe Place of Tokyoのどこに魅力を感じたのかを、2人それぞれの目線から書いてみたいと思います。

 

新婦(きょうこ)目線 Best3

1. チャペルの明るさ&東京タワーに圧倒された

今回のブライダルフェアで模擬挙式に参加させていただいたのですが、チャペルの扉が開いたときの日光の差し込み具合や、足を踏み入れたときの会場の眩しさ、また目の前にそびえ立つ東京タワーの迫力に、一気にノックアウトされてしまいました。

式場のホームページに掲載されていた写真などである程度のイメージはついていたのですが、いざそれを目の当たりにするともう本当に想像以上で!

もしこちらの会場が気になる方はぜひ一度ご覧になってみるのをオススメします◎

f:id:kyoko1003:20181020180531j:plain

  

2. 1950年代をイメージしたお洒落で可愛い内観

式場内は東京タワーが公開された当時に流行っていたものや、東京タワーをモチーフにした小物などで全体が統一されていて、その雰囲気も非常に気に入りました。

 

f:id:kyoko1003:20181020170353j:plain

こちらが式場入り口。

中央にあるライトスタンドは東京タワーをイメージしたデザインになっています。
また東京タワーを動物に例えるとキリンに近いと言われることが多いことから、奥の壁紙はキリン柄に(こういう遊び心、大好物です!)。

 

f:id:kyoko1003:20181020171322j:plain

また、1950年代にジャズが流行したことから、天井はそのモチーフの写真で飾り付けられていました。これまたお洒落…!

 

3. 和テイストのお料理に胃袋を掴まれた

試食でいただいたお料理が非常に美味しかったのもこちらの式場を選んだポイントです。 

f:id:kyoko1003:20181020171616j:plain

手前のプレートに乗っているのが、新鮮野菜と The Place of Tokyo名物フォアグラ寿司

私、フォアグラはコッテリしすぎていて食べるとムッとしてしまうことも多いのですが、こちらのフォアグラ寿司は酢飯を合わせることでサッパリさせており、美味しくいただくことができました。

また、和洋中でいうと断然和食が好きな私。
こちらのお料理は“Japanese Cuisine”と銘打たれ、洋風なコースながら和の味付けにしてあったり、お箸で食べれるようになっていたりと、幅広い年代に配慮された工夫がありました。

さらに各会場にキッチンが併設されており、温かい出来たてのお料理をすぐいただけるのも素敵ポイントです。

 

 

 

新郎(トキ)目線 Best3

ここから先はトキくんに書いてもらいました◎

 

1. 家族の思い出のある東京タワー近くの式場

マツコの出演している「夜の巷を徘徊する」という番組で紹介されたのを偶然観ていたので 予め素敵な雰囲気であることは知っていたが、自分が当人となって訪れてみるとまるで景色が違った。

東京タワー全体を眺められるチャペル内に立った瞬間、何かがジーンと心に染み渡ってきて「あ、ここにしたい」と思った。

また数年前、家族で見たとき以来の東京タワーは即決させるだけの説得力を持っていた。なんて言ってみたり(笑)

 

2. 担当のコンシェルジュが信頼でき、頑張って割引もしてもらった

対応してくださったコンシェルジュのホスピタリティはとても心地良く、さらにかなりの額を値引いてくれた。

勿論、この後色々とオプションを追加していけばその金額以上になる可能性は十分にあるし、そういったやり方なのかもしれないが、それでも良いと思わせる人の良さがあった。 

 

3. 屋上の会員制スカイバーを記念日に利用できる

この人と一緒に人生を謳歌したいと思って入籍したのだから、結婚式という思い出は一層特別なものになると思う。

屋上にある「tomori TOKYO」は、The Place of Tokyoで結婚式を挙げた人のみが利用できるバーで、記念の場所にまた2人で戻ってくることができる。

「一生に一度の思い出にまた浸ることができる」
この要素一つとっても、ここで式を開く意味を感じた。

 

今後の流れ

というわけで、思いの外すんなりと式場が決まった私達。 

今後は挙式までに打ち合わせを2〜3回ほど実施しながら詳細を詰めていく形になるそうです。それと並行してドレスの試着や前撮り、引き出物の手配なども進めていく予定。 

初めてのことだらけですが、良い一日にできるように頑張っていきたいと思います(^^)

 

place-tokyo.com

 

スポンサーリンク
©なにする気分? All rights reserved.